アドタイムでは、ALT英語講師のJ先生が、熱弁を奮ってくれて、Synonym(同義語)の説明から、英語の語源の説明をしてくれて、とても勉強になりました。 つまり、Germanic (German, Swedish, Norwegian, Danish, Dutch) + Romance(Italian, Spanish, French, Portuguese)=English という関係です。 557年にAnglo-Saxons (Germ.)がイギリスに来て、787年にVikings(Germ.)が来て、1066年に、Normans(Romance)が来て、二つの語源が、交わってきたので、二通りの単語がある。Big↔︎Largeのように! なるほどと思いました。素晴らしい。

コアタイムでは、「英語で読み解くジャスとアメリカ」を勉強して、時事英語の勉強をしつつ、アメリカのジャスと歴史を学びました。西武劇に出てくるRagtimeジャズ、ルイアームストロングのジャズ”The Saints go marching in”を聞いてもらい、ジャズの歴史を味わってもらいました。